冬にも使えるメンズアウター

秋の半ばから後半にかけて活躍する秋物アウター。
そうは言っても使える期間が短いため、どのようなアイテムを用いればいいか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方にオススメの冬にも使える秋物アウターをご紹介します。

まず最初はレザージャケットです。
レザージャケットはたくさんのアイテムと合わせやすく、大人の落ち着いた雰囲気の中にワイルドさやかっこよさをプラスしてくれる人気アウターです。
カラーはブラウン系のものが多く、キャメル、ブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色が主流です。
レザー系統の良さは使い方によって色合いが変化する点です。
レザー独特の色彩の変化は唯一無二のオリジナルアイテムが出来上がっていくので非常の面白く愛着が湧きやすい理由の1つです。
愛着が沸くからこそ長く使える。
そして、防寒機能は他のアウターに引けをとらないほど高いです。
また、デザインも様々な物があり、光沢が強いものに人気が集まりますが、光を反射せず、温かい印象を与えるアイテムもあるため好みよって使い分けることが可能です。
さらにレザージャケットの良い点がもう1つあります。
それは小物とデニムとの相性の良さです。
小物はシルバー、ゴールドはもちろん、レザー調のアイテムと組合せても統一感がとれて非常にマッチします。
ブーツにレザー系、手首にレザー系、そしてレザージャケットという組み合わせにして変に映らずとてもしっくり来るスタイリングに仕上がるのです。
デニムとの相性の良さは折り紙つきで、藍色、ホワイト、ブラック、ブラウン系との相性がいいです。もちろん、ダメージデニムはマストといえるほどかっこよくマッチします。

次に全く違う系統のコーデガンです。
聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれませんが、カジュアル系ファッションの王道アウターとして近年、人気が著しく上昇しているアイテムです。
カーディガンから派生したアイテムでカーディガンよりも厚い生地+丈が長いことが特徴です。
生地の厚みが増している分、防寒機能は非常に高いです。
そしてロングコートのように長い丈がおしゃれ感を演出してくれます。
カジュアル系にフィットしやすいデザインをしているため、ゆるくキメたいときや、フラッと外に出たいときなどに着るとさりげないおしゃれを演出できます。
もちろん、メインのアウターとして着てもカッコ可愛さを演出できるため女性受けが非常に高いアウターであると言えます。

そしてもう1つ、コーデガンと並んで代表的なアウターがあります。
それがパーカーです。
冬は上からダウンジャケットを羽織ることもできるアイテムなのでギリギリ使えるということでご紹介します。
パーカーというと、トレーナーのような生地を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に多くの種類の生地を用いたパーカーが発売されています。
薄いものから厚いもの、毛糸をしようしているものなど、状況に応じて使い分けのできるアイテムが多く存在します。
カジュアル感が強い分、さりげないおしゃれとして用いることができるため、他系統のファッションを好む方が身につけるとギャップを演出することができます。
ギャップは相乗効果でオシャレ感をプラスさせることができるため、狙ってギャップを作り出すことで周囲によりおしゃれさを強調することができるようになります。

秋物メンズアウターには王道のジャケットがあります。
こちらも生地によっては冬に使えるタイプのものがあるので、生地によって選んでも長い期間使うことはできますが、やはり冷え込みが厳しくなってしまうと着られないため、大きくこの3点がオススメのアウターです。

長く使いたいという方はぜひ参考にしてください。

秋に映えるメンズのボトムス3選!

秋に使えるメンズのボトムスはたくさんの種類がありますが、中でも人気の高い3つのアイテムをご紹介します。

1つ目はダメージデニムです。
オールシーズン利用できるアイテムではありますが、秋コーデに用いると非常におしゃれ感をプラスできるアイテムとして重宝してくれます。
デニムのカラーにも様々なものがありますが、秋コーデで人気が高いのはブラック、濃い藍色、ホワイト、そしてグレーです。
これらは暖色系との相性が非常によく、他のカラーとマッチしやすいカラーであるため、とても使い勝手がいいのです。
そしてこれらのデニム生地にダメージ加工が施されることでよりおしゃれさを強めてくれているのです。
ダメージ加工と言っても様々なものがありますが、秋感の強いダメージ加工はやはり糸が露出している状態のものです。
履くときに注意は必要ですが、上記のカラーに加えてホワイトを差し込むことができるため、コーディネート全体のカラーを1つ増やしてくれます。
そして単色になりがちなボトムスにワンポイントが施されているためおしゃれ感を強めてくれる効果があるのです。
レザー系との相性もいいですし、タイツを履いてダメージ部分からもう1色プラスする着こなし方も出来るため、非常にバリエーションに富んだ使い方が出来る点もポイントが高いです。
また、デニム素材であるためブーツとの相性が良い点もポイントの1つです。

2つ目はカーゴパンツです。
ゆったりとした印象の秋には、ゆったり履けるカーゴパンツが非常に合います。
カラーも様々なものがありますが、カーゴパンツは暖色系が人気が高いです。
デニムと比べて余裕を持って履けるため、着ていて楽という声が非常に多いです。
また、ポケットの多さもデニムにはない軽やかなおしゃれ感を演出してくれると言えます。
カーゴパンツはカジュアルテイストに決めることもできれば、シックに決めることもでき、また、子供っぽい可愛らしさをプラスしてみたり、若々しくキメて見たりと様々な表情を持っているアイテムなので、合わせるアイテムによって表情に変化が現れる、おしゃれな方なら使いこなしていきたいアイテムの1つです。
また、1点物のトップスと組み合わせて秋らしい落ち着きを演出してもいいです。

最後は七分丈のボトムスです。
ここだけ種類ではなくデザインになってしまいますが、七分丈の演出する秋感は他のアイテムの比にならないくらいとても強いです。
夏のハーフパンツは寒く映り、足首まであるボトムスだと普通になってしまう。
その絶妙なラインに位置する七分丈のボトムスは秋の半ばまでであればすっきりとした印象を与えてくれる爽やかアイテムなのです。
特にメンズのコーディネートにおいて、清潔感と爽やかさは女性に与える良いイメージの1位、2位を争う、男性にとってはとても大きなテーマです。
その双方を1点でクリアしてしまう七分丈のボトムスは秋に使わない手はないのです。
ジャケットと組合せたり、スニーカーを組合せてカジュアルにキメても非常に映えるため、おしゃれな方であれば挑戦したいアイテムでもあります。
特に体にフィットするデザインのものは学生を中心に人気が高いため、他と違ったおしゃれを演出したい方は挑戦してみましょう。

おしゃれというとトップスに目が行きがちですが、存在感のあるボトムスを選ぶことでコーディネート全体の見え方に変化を与えることができます。
トップスより、アウターよりも人によっては数が少ない状態になりがちなボトムス。
同じ系統のアイテムを集めるより、様々な種類のボトムスを集めて、日々のコーディネートに変化を与えていきましょう。
ボトムス1つで見え方が変わる。
ぜひ、あなたのスタイルにぴったりなボトムスで秋コーデを楽しんでください。

ブラックを選ぶべき秋物アイテム

秋物アイテム選びで非常に難しいブラックの使い方。
ブラックは容易に合わせやすい使い勝手のいいカラーではありますが、ただブラックを身に着けているだけではオシャレに映らず暑苦しく映ったり、重く映ってしまう意外と使い方が難しいカラーでもあります。

まず、ブラックはインナーやトップスに使うととても効果的です。
Tシャツやポロシャツ、シャツ、カットソーやニットなどトップス系に持ってくると非常にコーディネートがしやすくなります。
上半身にブラックを持ってくると上半身の引き締め効果が期待できます。
そしてアウターをブラウン系にしてみたり、ホワイト系にしてみたりするとコーディネート全体にメリハリをつけやすいです。
コントラスト効果を狙うこともできるため、上半身のブラックは非常に使い勝手がいいのです。
また、インナーとしても非常に利用しやすいと言えます。
トップスの下につけることでちらっと見えたときにシックでおしゃれな印象を与えることができるのです。
ブラック系のインナーの人気の理由はやはりセクシーさです。
手軽にセクシーさを演出できるため、ぜひ活用していってください。

ボトムスのブラックもとても人気が高いです。
下半身のブラックはしっかりとした印象を与えてくれます。
そして下半身を細く見せる効果もあります。
ブラックデニムを始め、スキニーやストレッチパンツでもブラックを身につける方が多いですが、高貴な印象とスタイリングのよさが人気の理由の1つです。
ボトムスにブラックを持ってくると上半身の自由度が非常に高まります。
トップスのブラックよりもバリエーションに富んだコーディネートが可能になるため、ブラック系のボトムスはお手持ちでない方は1本準備しておくと秋冬ファッションで非常に活躍するでしょう。

そしてブラックが非常に映える箇所が1つあります。
それがアクセサリーです。
特にピアスやネックレスのペンダントトップのブラックは非常に効果的におしゃれを演出できます。
ピアスというとダイヤモンドが王道と考える方が多いのではないでしょうか。
しかし近頃ブラックダイヤモンドの人気が高まってきているのです。
シルバー貴重のフォルムにブラックダイヤモンドが非常に映え、ダイヤモンドカットによる光の反射が非常に高貴な印象を与えてくれるのです。
ワンポイントのペンダントトップとしてブラックストーンを用いても、胸元で存在感を出してくれるため、コーディネートのアイポイント作りにもなります。

さらに小物繋がりでバッグや財布、ポーチなどのアイテムにも多く使われています。
ブラックにも様々な種類がありますが、これらのアイテムは光沢があるものが好まれている傾向にあります。
光を反射して美しく映えるブラックはコーディネート全体の引き締め効果と、コーディネートとの調和を生み出してくれます。

そして何より、ブラックは単色でコーディネートをまとめることができる数少ないカラーでもあります。
女性のドレスも黒一色のものはとてもセレブ感を演出してくれますし、ブラック一色のコーディネートは男性でも女性でもシックで落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれます。

髪色ともマッチさせやすく、黒髪にはもちろん、ブラウン系や明るいカラーとも調和してくれるカラーなのでとても使い勝手がいいと言えます。

しかし重く写りすぎてしまうので、ブラック系でまとめる際には軽く見えるようなアイテム、例えばゆったり着れるアウターやシューズ、フリルのついたアイテムなどをチョイスすると重さを軽減できます。

多くに取り入れやすいからこそ、繊細な感覚が必要になるブラックカラーのアイテム。
あるものを身につけるのではなく、他のカラーとの調和を大切にしてコーディネートに取り込むようにしていきましょう。

パープルで秋冬コーデに高級感を!

秋物コーデを考えていく中で、暖色系、ホワイト、レッド等決まった色ばかりでもう少し変化をもたせたいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、秋物コーデに変化をもたらせるためにオススメのカラー、それがパープルです。

春、夏、秋、冬とオールシーズンで活躍するカラーですが、春、夏と違って秋冬のパープルは非常に気品溢れ、高級感を演出するのに向いているカラーです。

まず、大前提として濃い目のパープルを秋冬コーデには使用します。
淡いパープルでは秋冬の寒さに対して、涼しい印象を与えてしまうため季節感にマッチしていないカラーリングとなってしまうからです。
深い濃いパープルをチョイスするとそれだけで秋冬感をプラスすることができます。

そしてこの濃いパープルは様々なところに取り入れることができるのです。
秋冬コーデの代名詞とも言えるアウター。
ダウンジャケットのパープルは若い世代に非常に人気が高く、愛用している方も非常に多いです。
パープルの醸し出す気品溢れる雰囲気にプラスして若々しさと落ち着きを演出してくれ、ファーとの相性も抜群です。また、暖色との相性もいいため、非常に合わせやすいことも人気の理由の1つでしょう。

次にトップス。
Tシャツはもちろん、ニット系やセーターなどにも多く用いられます。
特にブラックとの合わせると秋冬コーデでは相性がよく大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
コントラスト効果もあるため、ボーダーとして取り入れたり、ツートンカラーとして取り入れる方が多いです。
また、パープル一色のトップスにブラックのアウターを合わせてみたり、ブラック系のボトムスを合わせても非常にシックな印象を演出してくれるため、手軽におしゃれを演出できるアイテムであると言えます。

また、ボトムスのパープルも人気と授業が上がってきていると言えます。
ボトムスに様々なカラーが登場してきたことで一躍脚光を浴びたパープルのボトムス。
黒に近いかなり濃い目のパープルのボトムスはブラックはもちろんホワイトやイエローとの相性もよく、おしゃれを演出しやすいアイテムであると言えます。

さらにはバッグ、ピアス、ネックレスなどの小物にも人気があります。
特にピアスやネックレスに用いる天然石にアメジスト系のパープルは非常に映えます。
シルバーとの相性もよく、アクセサリーにはもってこいのカラーであるとも言えます。
大きく飾るのではなく、さりげないおしゃれを演出し、小さくても存在感をしっかりと出してくれるこのカラーはとても使い勝手のいいカラーであると言えます。
コーディネートの中に1点パープルがあるだけでアクセントを与えてくれることも、取り入れている方が多い理由の1つです。

他にもスマホケースであったり、髪留めであったりと様々な部分にパープルを取り入れることができます。
最近では髪色にも濃いパープルを取り入れる方が増えてきています。
ブラックに非常に近いですが、黒とも言えず、かといってブラウンほどの明るさがなく、シックで落ち着いたヘアースタイルを可能にしてくれるカラーとしてカラーを入れる方が増えてきているのです。

古来から紫は高貴な色として用いられてきた色です。
限られた方した身につけることができないカラーだった分、今の日本でもその風習が残っているのかもしれません。

パープルは身につけることでコーディネートに高級感をプラスしてくれるスペシャルカラーです。
そして、季節に応じて明るさを変化させると季節にマッチしてくれる不思議なカラーでもあります。
豊富なアイテムがあるので、常用ではなくワンポイントのアクセントづくりにパープルを取り入れて、秋冬コーデを上手にまとめていきましょう。

ダークブラウンを選ぶべき秋物アイテム

秋コーデにおいてカラーコーディネートで悩む方も少なくないのではないでしょうか。
暖色系の中でも非常に人気の高いダークブラウンですが、他のカラーと比べてここにダークブラウンを持ってくるとコーディネートがしやすいという箇所がいくつもあります。

まず、ダークブラウンを持って着やすい箇所として挙げられるのは足元です。
ダークブラウンはデニムにも他のカラーにも非常に相性のいいカラーです。
通常のブラウンやキャメルと比べて深い味わいを持ったカラーなので足元にぴったりです。
ボトムスとのコントラスト効果や調和も容易に取れるため、合わせたいときに合わせられる箇所であると言えます。
中でもブーツはインとアウトで表情を変えることができるため、おしゃれを存分に楽しみたい方はダークブラウンのブーツが1点あるとコーディネートの仕上がり具合の良さを感じられることでしょう。
一番相性がいいブーツはミドルブーツです。
ロング、ショートカットと比べてミドルブーツは遊びを作ることができるため、ゆったり履いたり引き締めて履いたりと様々な工夫を凝らすことができるため、アレンジがしやすい点も1つのポイントです。

次に、アウターです。
ブラックをアウターにしてもいいのですが、どうしても重く映ってしまいがちで、ダークブラウンはその重さを解消する効果があるのです。
ブラックがかっこいいシックなイメージを演出するのであれば、ダークブランは大人っぽい追いついたおしゃれを演出すると言えます。
ブラックに比べて強く重い印象を与えないカラーなので、アウターに1点あるととても合わせやすいと言えます。もちろん、トップスに羽織るものとして使うのもありです。

またベルトもとてもいい箇所です。
上半身と下半身の境界線である腰元に様々なカラーと相性のいいダークブラウンを持ってくるとコーディネート全体の調和を取ってくれる役割を果たしてくれます。
見せベルトとして使うと効果が高いのはもちろん、見せベルトでなくても、動きの中でちらっと見える状態でも存在感がある箇所であると言えます。
ベルトは暗めのカラーのアイテムが多いため、1本持っておくと様々なカラーのボトムス、トップス、アウターと合わせやすく、季節も選ばず使えますよ。

また、ブレスレッドも人気の高いアイテムです。
特にレザー系は独特の深い味わいを演出してくれ、使い方がアイテムに現れてくれるため他と差別化を図りやすいアイテムであると言えます。
肌が白い方が身につけるとより効果を発揮するため、ワンポイントのおしゃれとしてコーディネートに取り入れたい方に向いていると言えます。

さらに人気が高いアイテムはバッグです。
バッグのカラーはシンプルなものが多いですが、バッグのベルトに用いるとコーディネートにラインを入れる効果を果たしてくれるため、コーディネートの中にメリハリをもたせることができます。

また、ダークブラウンは髪色としても非常に人気が高いです。
黒だと重すぎて、金色に違いと明るすぎて軽く見えてしまう場合でも、ダークブラウンは非常に日本人の顔にあったカラーで暖かさと柔らかさをプラスしてくれます。
様々な髪色の方がいますが、ダークブラウン系のカラーを選ぶ方が多いのも、全体として上手にまとまりやすいダークブラウンの特徴を活かしてのことなのではないでしょうか。

暖色系の王道、ダークブラウン。
コーディネートに取りいれたり、小物に取り入れたり、髪色にしてみたりとコーディネートのどこに取り入れてもおしゃれ感を演出してくれる、魔法のようなカラーです。

ダークブラウンを中心に秋冬ファッションを組み立てると非常にコーディネートしやすく、おしゃれにキメやすくなりますよ!