ダークブラウンを選ぶべき秋物アイテム

秋コーデにおいてカラーコーディネートで悩む方も少なくないのではないでしょうか。
暖色系の中でも非常に人気の高いダークブラウンですが、他のカラーと比べてここにダークブラウンを持ってくるとコーディネートがしやすいという箇所がいくつもあります。

まず、ダークブラウンを持って着やすい箇所として挙げられるのは足元です。
ダークブラウンはデニムにも他のカラーにも非常に相性のいいカラーです。
通常のブラウンやキャメルと比べて深い味わいを持ったカラーなので足元にぴったりです。
ボトムスとのコントラスト効果や調和も容易に取れるため、合わせたいときに合わせられる箇所であると言えます。
中でもブーツはインとアウトで表情を変えることができるため、おしゃれを存分に楽しみたい方はダークブラウンのブーツが1点あるとコーディネートの仕上がり具合の良さを感じられることでしょう。
一番相性がいいブーツはミドルブーツです。
ロング、ショートカットと比べてミドルブーツは遊びを作ることができるため、ゆったり履いたり引き締めて履いたりと様々な工夫を凝らすことができるため、アレンジがしやすい点も1つのポイントです。

次に、アウターです。
ブラックをアウターにしてもいいのですが、どうしても重く映ってしまいがちで、ダークブラウンはその重さを解消する効果があるのです。
ブラックがかっこいいシックなイメージを演出するのであれば、ダークブランは大人っぽい追いついたおしゃれを演出すると言えます。
ブラックに比べて強く重い印象を与えないカラーなので、アウターに1点あるととても合わせやすいと言えます。もちろん、トップスに羽織るものとして使うのもありです。

またベルトもとてもいい箇所です。
上半身と下半身の境界線である腰元に様々なカラーと相性のいいダークブラウンを持ってくるとコーディネート全体の調和を取ってくれる役割を果たしてくれます。
見せベルトとして使うと効果が高いのはもちろん、見せベルトでなくても、動きの中でちらっと見える状態でも存在感がある箇所であると言えます。
ベルトは暗めのカラーのアイテムが多いため、1本持っておくと様々なカラーのボトムス、トップス、アウターと合わせやすく、季節も選ばず使えますよ。

また、ブレスレッドも人気の高いアイテムです。
特にレザー系は独特の深い味わいを演出してくれ、使い方がアイテムに現れてくれるため他と差別化を図りやすいアイテムであると言えます。
肌が白い方が身につけるとより効果を発揮するため、ワンポイントのおしゃれとしてコーディネートに取り入れたい方に向いていると言えます。

さらに人気が高いアイテムはバッグです。
バッグのカラーはシンプルなものが多いですが、バッグのベルトに用いるとコーディネートにラインを入れる効果を果たしてくれるため、コーディネートの中にメリハリをもたせることができます。

また、ダークブラウンは髪色としても非常に人気が高いです。
黒だと重すぎて、金色に違いと明るすぎて軽く見えてしまう場合でも、ダークブラウンは非常に日本人の顔にあったカラーで暖かさと柔らかさをプラスしてくれます。
様々な髪色の方がいますが、ダークブラウン系のカラーを選ぶ方が多いのも、全体として上手にまとまりやすいダークブラウンの特徴を活かしてのことなのではないでしょうか。

暖色系の王道、ダークブラウン。
コーディネートに取りいれたり、小物に取り入れたり、髪色にしてみたりとコーディネートのどこに取り入れてもおしゃれ感を演出してくれる、魔法のようなカラーです。

ダークブラウンを中心に秋冬ファッションを組み立てると非常にコーディネートしやすく、おしゃれにキメやすくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です